ISCO SEMINAR キャッシュレス社会の未来、可能性 | ISCO

NEWS お知らせ

ISCO SEMINAR キャッシュレス社会の未来、可能性

2018.09.07

年間960万人の観光客が訪れる沖縄県において、キャッシュレス決済は、県民や観光客に利便性をもたらすほか、観光関連事業者の業務効率化やインバウンド需要の拡大、生産性向上や購買データ等の利活用による新ビジネス・新サービス創出など、これからの経済成長のカギになるともいわれています。

今回のセミナーでは、長福 久弘 氏(LINE Pay㈱取締役COO)をお招きしキャッシュレス社会の未来、可能性等について講演いただきます。また、パネルディスカッションでは、長福 久弘 氏に加え、沖縄の飲食サービス業から上間 喜壽 氏(㈱上間フードアンドライフ 代表取締役)観光振興団体から玉城 扇 氏((一財)沖縄観光コンベンションビューロー 部長)、永井 義人(ISCO 専務理事)で沖縄でのキャッシュレス決済を沖縄のビジネスに導入することで、どのようなインパクトが生じるかディスカッションします。

キャッシュレス決済にご関心のある方や観光関連で新たなビジネスを検討されている方など多くの皆様の御参加をお待ちしております。

■日 時:10月2日(火)15:00-17:30 (14:45 会場)
■場 所:沖縄県立博物館・美術館 2F 講堂
    〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1−1
■定 員:200名
■参加費:無料
■主 催:一般財団法人 沖縄ITイノベーション戦略センター
■後 援:一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー(調整中)

■詳細申込:https://eventregist.com/e/isco_seminar_vol1