【開催済】フューチャーセッション「農業×IT vol.3」 | ISCO

NEWS お知らせ

【開催済】フューチャーセッション「農業×IT vol.3」

2018.11.19

ISCO(一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター)のフューチャーセンター事業における第5回目となるフューチャーセッションを開催します。今回は前回に引き続き、「農業」をテーマにIT活用による課題解決に向けての対話をしていきます。

お申し込みはコチラ:https://eventregist.com/e/futuresession05


■イベント概要
これまで9月、10月と2回開催してきた「農業×IT」の第3弾を開催します。前回のセッションでは問題提起として3つの論点を提示し、それぞれについて話を深めていきました。
※詳しくは、以下のブログをご一読してください。
https://isc-okinawa.org/blog/futuresession_no-4/

第3弾となる今回のセッションでは、前回の結果を踏まえ、現在から課題が解決されるまでの「未来シナリオ」を描き、改めて課題と解決策について議論をしていきます。

また、今回は新たなテーマとして「6次産業化」「トレーサビリティ」など現在農業に従事している方々や現在の沖縄農業の未来について考えることに取り組んでいきます。

「この課題は本当に課題なのか?」「この策で本当に解決できるのか?」「沖縄農業の明るい未来は来るのか?」をセッションを通して、話し合いをしていきます。

■想定する参加対象者
①過去に「農業×IT」に参加した方
②沖縄農業の未来について考えたい方
③現在、農業に従事していて課題意識がある方
④農業を支援している方
※農業に従事もしくは関係者に関わらず、多様な方にご参加いただきたいと考えていますので、どなたでも参加可能です。「農業」はだれでも当事者(食生活を通して)ですので、今一度自分の食生活や日本の食について考えてみたい方のご参加もお待ちしています!

■ISCOのフューチャーセンター事業とは?
沖縄県内のIT産業が他産業側の課題やニーズを十分に把握しながら連携を強化し、ITを活用した新たなビジネスの創出や産業・社会課題の解決等を図ることにより、ISCOが目指すプラットフォーム構築に資することを目的としている事業。

■フューチャーセッション(Future Session)とは?
社会課題や産業・業界の課題をその当事者や専門家だけで話し合うのではなく、業界や企業の垣根を越えて、多様な立場の人と問題の本質を掘り下げ、深く、自由に対話し、未来に向けた課題解決につながる答えを紡いでいく場。

<フューチャーセッションのキーワード>
①未来を創造し未来の不確実性へ立ち向かう場
②人と人、人と課題の繋がりを作る場
③多様な参加者と協力し合い解決方法を導く場
④参加者の知見や洞察で「未来の知的資本」を創造する場
⑤新しいビジネス、イノベーションを実現する場


■日時:11月26日(月)13:00~17:00
■場所:うるマルシェ 会議室(うるま市字前原183-2)
■定員:30名
■主催:沖縄県、(一財)沖縄ITイノベーション戦略センター


【※留意事項※】
① 申し込みの際の情報記入について
ISCOではフューチャーセンター事業におけるイノベーション創出のシステム構築(イノベーションの再現可能性を高めるため)と効果検証のため、申し込みの際に所属先・役職・性別・年齢などの情報をご入力していただいております。お手数ですが、ご協力の程、よろしくお願い致します。
② フューチャーセッション中に記録のために写真を撮らせていただいております。取らせていただいた写真の一部はブログに掲載させていただきたいと考えております。写真掲載が気になる方は来場の際にスタッフに申し付けください。
③ フューチャーセッションの場は課題解決へ向けて解決方法を共創する場です。営業やサービスのプレゼンを行う場ではありません。(尚、解決方法として必要な場合は自社のサービスの紹介をして構いません)
④セッション中、報告書作成のために会の様子を撮影します。不都合がある場合は事前にご連絡をお願いします。


沖縄県委託事業
「平成30年度沖縄型オープンイノベーション創出促進事業」
事務局:(一財)沖縄ITイノベーション戦略センター