ISCOと深センSSIA及び SBDAとのMOU締結について | ISCO

NEWS お知らせ

ISCOと深センSSIA及び SBDAとのMOU締結について

2019.03.12

一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター(以下「ISCO」という。)と中国・深圳市ビッグデータ研究・応用協会(Shenzhen Big Data Research and Development Association、以下「SBDA」 という。)及び中国・深圳市ソフトウェア産業協会(Shenzhen Software Industry Association、以下「SSIA」 という。)は、2019年3月8日(金)に、相互の国際連携を図る目的で覚書(以下「MOU」という。)を締結しましたのでお知らせいたします。

  • MOU締結調印式典の概要

SSIA

日時:2019年3月8日(金) 
場所:SSIA(中国・深圳市南山区海天一路深圳ソフトウェア産業基地5ビルA棟602室)
出席者:永井義人 ISCO専務理事(立会人/ISCO理事長代理)
大木一浩 ISCOストラテジスト、明石信宏 ISCOコンサルタント
鄧愛国
SSIA会長 他
内容:各組織代表挨拶、関係者挨拶、MOU締結調印式

SBDA

日時:2019年3月8日(金)
場所:SBDA(深圳市南山区軟件産業基地2C棟602B)
出席者:永井義人 ISCO専務理事(立会人/ISCO理事長代理)
大木一浩 ISCOストラテジスト、明石信宏 ISCOコンサルタント
張任軍SBDA会長 他
内容:各組織代表挨拶、関係者挨拶、MOU締結調印式

2.MOUの概要(連携する分野)

(1) SSIA

ITを活用して沖縄の全産業の振興を図る産業支援機関であるISCOは、中国・深圳市のソフトウェア産業のとりまとめ役であり、産業政策の代執行機関であるSSIAとMOU契約を締結しました。

今後は、以下のことについて、相互に連携を図って参ります。

【両者は、次の事項について協力する】

a.他国・地域のアクセラレーターとの国際連携及び計画の促進に関する相互協力
b.双方が、開催もしくは関与する展示会・イベントへの参加促進・支援・相互招聘
c.共同イベントの企画・開催
d.IT関連技術・サービス関連企業の相互交流、ビジネスマッチング、アライアンスの促進
e.コワーキングスペース等、各々が保有するリソースの相互利用
f.その他、双方が必要と認める協力活動

(2) SBDA

ITを活用して沖縄の全産業の振興を図る産業支援機関であるISCOは、中国・深圳市を拠点としてビッグデータの利活用に関連する産業振興を推進するNGO組織であるSBDAとMOU契約を締結しました。

今後は、以下のことについて相互に連携を図って参ります。

【両者は、次の事項について協力する】

a.各々が開催する展示会・イベントへの参加促進・参加支援・招聘・関連組織の紹介などの相互協力
b.双方が支援する企業に対するビジネスマッチング支援
c.ビッグデータ技術・ビジネスに関するイベントの共催、後援
d.スタートアップを支援するための施設「沖縄・深圳創業基地(仮称)」設立可能性の検討
e.その他、双方が必要と認める協力活動c.その他、双方が必要と認める協力活動

ISCOについて

ITを活用した産業の成長戦略を提示し、産業全体の生産性と国際競争力を向上させるための司令塔として、2018年夏に官民共同で設立されました。

沖縄県経済の振興を図る産業支援機関として、県内経済の課題解決と新たな価値創造を実現するため、最先端のITイノベーションを活用する場と機会を提供します。

https://isc-okinawa.org/

SSIAについて

1988年設立された、中国・深圳市のソフトウェア産業のとりまとめ役であり、中国・国務院が2000年に施行した「ソフトウェア産業大規模集積LSI産業発展奨励政策」により、深圳市政府が立案した産業政策の代執行機関です。同協会の会員は中国内では最も多い3,000社以上を抱えており、深圳のソフトウェア産業の売上高は、中国の自治体全体で第2位(中国ソフトウェア産業全体の10.1%)、ソフトウェア輸出額は238.3億元(全国の44.0%で第1位)、売上高1億元超の企業は、334社におよびます。同協会の役割は、大分して4つあり、①産業政策の代執行(税制優遇対応)と統計管理、②企業の税金還付に活用するランク付けの審査、③国産ソフトウェアの審査、④展示会等会員同士の交流促進です。http://www.ssia.org.cn/

SBDAについて

2014年に設立された、中国・深圳市を拠点としてビッグデータの利活用に関連する産業振興を推進するNGO組織であり、全国の主要なビッグデータ関連産業推進拠点との連携の中心的存在として、「企業マッチング・資本運用」「地方政府との協業」「各種会議開催」などの機能を運営しています。

SBDAは、ビッグデータ関連での中国国内の大手企業との連携をほぼ網羅しており、会員企業500社以上、連携自治体(Province)9箇所を有しており、また、全国各地に支部を展開しています。

SSIAとのMOU調印式

左から于維国氏(SSIA副事務局長)、楊立峰氏(SSIA顧問)、余江氏(SSIA執行副会長)、鄧愛国氏(SSIA執行会長)、鄭飛氏(SSIA執行副会長)、大木一浩(ISCOストラテジスト)、永井義人(ISCO専務理事)、明石信宏(ISCOコンサルタント)、趙玉文氏(SSIA日本市場サービス部部長)、杜暁暉氏(株式会社CNW取締役)

SBDAとのMOU調印式

左から張偉立氏(SBDAマーケティング責任者)、大木一浩(ISCOストラテジスト)、張任軍氏(SBDA会長)、王春英氏(SBDA副事務局長)、永井義人(ISCO専務理事)、明石信宏(ISCOコンサルタント)、杜暁暉氏(株式会社CNW取締役)