「高精度測位(RTK-GNSS)」活用テストベッド環境の運用開始 | ISCO

NEWS お知らせ

「高精度測位(RTK-GNSS)」活用テストベッド環境の運用開始

2019.09.09

「高精度測位(RTK-GNSS)」活用テストベッド環境の運用開始

琉球大学と株式会社シーポイントの共同研究による「高精度測位(RTK-GNSS)」を
西日本電信電話株式会社沖縄支店の協力により沖縄本島内に整備し、当該サービスを
活用したテストベッド環境の運用を開始しました。

「高精度測位(RTK-GNSS)」とは、センチメートル単位での位置情報をリアルタイムに
測位することが可能なサービスです。テストベッド環境では、GPSのみの測位では
実現し得なかった高精度位置情報を得ることが可能となり、様々なアプリケーションの
開発につながります。

高精度測位(RTK-GNSS)とは

テストベッド環境の利用は無料となっており、今後は、琉球大学及び
沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO)にて同環境を活用する実証事業参加者を募集し、
沖縄から新サービスが創出されることを期待しています。
詳細は、以下URLリンクより資料をご参照下さい。

資料ダウンロード:参考資料