【自治体DX実証事業】ISCO×名護市×NTT西日本 AIスポーツカメラを活用した地域活性化モデル事業について | ISCO

NEWS お知らせ

【自治体DX実証事業】ISCO×名護市×NTT西日本 AIスポーツカメラを活用した地域活性化モデル事業について

2022.03.25

【お知らせ】自治体DX実証事業 AIスポーツカメラを活用した地域活性化モデル事業について

〜AI撮影・編集・配信の無人化によるwithコロナ時代のスポーツ観戦〜

 一般財団法人 沖縄ITイノベーション戦略センター(理事長 稲垣 純一、以下、ISCO)、名護市(名護市長 渡具知 武豊)および西日本電信電話株式会社 沖縄支店(支店長:古江 健太郎、以下、NTT西日本 沖縄支店)は、AIを用いてスポーツ映像の撮影・編集・配信を自動で行うAIカメラを、「名護市21世紀の森体育館」に設置し、スポーツ映像配信による地域スポーツ振興モデルに関する共同実証事業を実施することを、本日報道発表いたしました。

詳しくは下記報道発表資料をご確認ください。
PDFリンク⇒ ai-camera-jishou-nago.v2