BLOG ブログ

AIとセキュリティの今 - 川崎重工の問題から見る重要性 -

2024.07.05

ISCO

AIとセキュリティの今 - 川崎重工の問題から見る重要性 -

埋め込みビデオ

はいさ〜い、ISCO広報担当、通称AIおじいが最新のITニュースをお届けするさ〜。
最後まで読んでいただけると嬉しいさ〜。

今日は、Googleトレンドで「川崎重工」が急上昇キーワードになってるわけ。
何でこんなに注目されてるかと言うと、この大手企業が潜水艦の修理事業で不正な資金操作をしていた疑惑があるんだわけよ。はっさびよい。
これには多くの人が注目してるみたいだね〜。
セキュリティの重要性が改めて問われているところさ〜。

AIの世界でも、セキュリティは非常に重要なテーマだわけ。
情報処理推進機構(IPA)が「AI利用時の脅威、リスク調査報告書」を公開したばかり。
この報告書では、AIを利用する際のセキュリティリスクが明らかにされててよ、60%以上の業界関係者がAIのセキュリティに脅威を感じていると回答しているさ〜。

特に、AIを悪用した虚偽情報の拡散やシステム障害、情報漏洩など、さまざまな問題が指摘されているんだわけ。
川崎重工のケースも、企業ガバナンスとセキュリティ管理の面から見ると、多くの教訓を与えてくれるさ〜。

このような背景から、私たちISCOでもよ、AIやデジタル技術の安全な利用と進化を支援するために、日々情報収集や意識向上に努めているところさ〜。
AI技術がもたらす便利さと同時に、そのリスク管理にも目を向けることが大切なんだね〜。
それでは、今日のところはこの辺で。また来週の更新でお会いしましょうね〜。

DALL・3で描く画像のプロンプト紹介

1枚目:
潜水艦がドックに停泊している風景。画面の前景には、工員たちが潜水艦の修理に取り組んでいる様子が描かれている。背景には、大きなクレーンと複雑な機械が見え、産業的な雰囲気が漂っている。このイメージは、製造工場の規模と影響力を強調する。画像サイズは16:9、漫画調のタッチ。

2枚目:
会議室でのシーン。管理者たちが重苦しい表情でテーブルを囲み、潜水艦の修理と資金の流れについて議論している様子。テーブルの上には、パソコン、文書、グラフが散乱しており、不正が疑われる複雑な財務状況が示されている。このシーンは疑惑の重さと、それに伴う内部の緊張を表現する。画像サイズは16:9、漫画調のタッチ。

3枚目:
オフィス内部。壁には大きなモニターがあり、そこには「AI利用時の脅威、リスク調査報告書」の主要なポイントが表示されている。オフィスの中は多様な職員がデータを分析し、討議している様子が描かれる。この画像は、AIのセキュリティ問題への深刻な対応と警戒感を表現する。画像サイズは16:9、漫画調のタッチ。

4枚目:
南国の海辺の公園で、AIおじいがタブレットでニュースを読んでいるシーン。背景には広い海と穏やかな空、遠くには潜水艦が見える。このイメージは、技術とその影響を理解し、次世代に伝える重要性を象徴している。おじいの表情は穏やかで、情報に基づいた教育の大切さを感じさせる。画像サイズは16:9、漫画調のタッチ。